倹約

クレジットカードと電子マネー

「ポイントカードと電子マネー」
お買物といったら普段は現金払いがメインだった時代から、クレジットガードでの支払いに切り替えている人も増えています。
そしてさらにもう一つの、支払い方法として定着しつつあるのが電子マネーです。
よくコンビニや大型ショッピングモールのレジなどで、クレジットカード会社以外のマークが電子マネーといわれるものです。
電子マネーとクレジットカードは同じようなものでは?と思っている人もいいかと思います。
しかし、その種類や使用方法など、様々な面において違いがあります。

まず電子マネーとは、大きく分けて二種類になります。
それは、前払い式のプリペイド形式のものと後払い式のポストペイ形式の二種類です。
電子マネーは使うとポイントがたまったり、クレジットカードのように現金を持ち歩かなくていいというメリットがります。
クレジットカードとの違いは、プリペイド式の場合は、一定の金額をチャージしておかなけらば使用できないという点です。

ポストペイ形式の場合は使った分だけが、後日まとめて決められた月に請求されます。
ポストペイ形式の多くは、クレジットカードと一体化している場合が多いです。
なので決済の際に、クレジットカードのポイントをためることができます。

またスイカやWAONなどのチャージするプリペードカード形式の場合も、クレジットカードでチャージすればポイントが貯められます。
クレジットカードによっては貯められないものもあるので、前もって確認が必要です。
しかしクレジットカードと一体化にしておくことで、便利なこともあります。
それは、一定の残高になるとオートチャージが可能になります。
なので残高不足で使えないといった不便さが解消され、なおかつポイントまでたまってしまいます。

電子マネーは、コンビニや自動販売機などでも使用できるので、細かいお買い物もクレジットカードのポイントに繋がります。
また電子マネーで支払うと割引きになる商品なども、とても多く販売されています。
両方を使いこなせると、双方でメリットを受けることができます。