倹約

クレジットカードのポイント還元率とは?

「クレジットカードのポイント還元率とは?」
最近クレジット払いを活用する人がとても増えてきています。
若い世代だけでなく、幅広い年代層の人に便利なものだと認識されつつあります。
クレジット払いなどに抵抗がある年配の人でも、現金を持ち歩いたりしなくてもいいというメリットもあります。
年配の人はひったくりなどの被害にも遭いやすいので、日常がカード生活であれば被害額も少なくて済みます。

またクレジットカードの最大のメリットは、ポイントです。
支払いに応じでポイントが付くという特徴を持っています。
そのポイント還元率が各クレジットカード会社によって違いがあります。
還元率が高ければ高いほど、同じ額使えばそれだけ多くのポイントをためることができます。
還元率が高いところでは、常に2%の還元率があります。
1000円のお買い物をした場合、20円分のポイント還元されるということになります。

カード会社によっては、お買い物金額が100円からポイント還元される場合と1000円以上など一定の額の使用がないと還元されない場合があります。
小額でも還元されたほうが、ポイントがたまりやすく、無駄になりません。
なのでよりためやすいカードを選んで使うことがお薦めです。

ただしここで言うポイント還元率は、100%そのまま現金やポイントでお買い物できる場合の金額になります。
カード会社によっては、商品券やクオカードなどに変えるときに、還元率が下がってしまう場合があります。
例えば、ポイントが2000ポイントたまっていた場合、全ポイントを商品券に変えた場合1000円分にしかならないこともあります。
なので、ポイント=金額とは限らないということです。
その点だけは気をつけて、より還元率がいいものと交換するのがベストな方法でしょう。
せっかくたまったポイントをより有効的に使わないともったいないですよね。
計画的にポイントを使うのであれば、カードを作る際に還元率の高いカードを最初から作ることをお勧めします。