倹約

クレジットカードの仕組み

「クレジットカードの仕組み」
現代ではクレジットカードを持っていな人がいないというぐらい、カードは普及しています。
いくつもの会社が独自のカードを作っているので、クレジットカードの種類もかなり豊富になっています。
主なクレジットカードの発行元はこちらで分類されています。
これからカードを作ってみようかと考えている方に、まずクレジットカードの仕組みをしておくと安心です。

よく考えて見てください。
クレジットカードで支払いした場合、その場で商品はもらうことができますが、実際はお金を支払ったわけではありません。
でも商品はしっかりもらうことができます。
それって不思議だなと感じることは、ありませんか?
お店側には、いつどのような形でお金が支払われているのでしょうか。
さらにクレジット会社にとっては、どんのようなメリットがってそのようなリスクを負うのでしょうか。
そのことを知っておいたら、使うときにも注意すべき点が見えてきます。

まずどのような仕組みになっているのかというと、まずカードを作る際に一つ大事なことがあります。
それは、カードを作る際に書かれる個人情報です。
ここには住所や連絡先はもちろんのこと、仕事をしている場合は収入などを書く欄があります。
専業主婦や学生の場合には、世帯年収を書く欄があります。
これらの情報をもとに、クレジット会社はお金を貸したり、代わりに支払ったりしても信用できる人なのかどうか審査をします。
その審査を無事クリアした人が、クレジットカードを持てるというわけです。
なのでクレジット会社は、契約者を信頼してお金を貸したり代わりに払ったりしてくれるわけです。
よって過去に支払いを延滞したりなどのトラブルがあった場合、カード会社によっては断られることもあります。
まずはこのような信頼関係が、カードを作った時点で起きているということをしっかり覚えておきましょう。

そしてクレジット払いが可能なお店は、クレジット会社がしっかりと支払った金額の保証をしてくれています。
なので支払いが後日になったとしても、安心してクレジット決済ができるわけです。

クレジット会社にとってのメリットは、いくつかあります。
まず一番わかりやすいのが、年会費です。
毎年カード会社が指定した月に決められた年間日を支払います。
その年間費が、カード会社にとってはそのまま利益となります。

もう一つ大きなメリットは、クレジットカードの手数料による利益です。
契約者が分割払いや、リボ払い、ボーナス払いなどを利用した場合に、支払い金額に手数料を上乗せして支払います。
さらに、クレジットカードでキャッシングをした場合、利息などがかかってきます。
それらが利益として発生するので、クレジット会社にとってのメリットがあります。

年会費無料などでも、カード会社が多くの特典がついてくるのは、これらの仕組みがあるからです。